その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(734)、ハウジングライター・藤原 利彦、積水ハ、次はゼロエネが柱、中期計画を上方修正、質が量を呼ぶ時代が到来

 積水ハウスの13年1月期決算は売上高1兆6138億1600万円(前期比5.4%増)、営業利益861億9600万円(同21.6%増)と増収増益の好決算となったが、最も注目すべきは昨年11月に発表した中期経営計画を上方修正したことだ。中計では今期(14年1月期)売上高を1兆7200億円としていたが1兆7400億円(前期比7.8%増)、営業利益1000億円の計画を1100億円(同27.6%増)に上方修 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日