【ひと】国土交通省OBで住宅・不動産に精通、弁護士松原文雄さん

 住宅・不動産分野に精通する弁護士。2月に業界団体が主催した宅建業法制定60周年を記念するフォーラムでは「民法改正」をテーマに講演。契約ルール全般にまたがる民法の改正は「不動産取引にも大きな影響を与える可能性がある」と官民一体となって対応を急ぐ必要性を指摘した。  弁護士としては異色の経歴と言っていい。東大法学部を卒業後、建設省(現・国土交通省)に入省。不動産、土地対策、建築業などを幅広く経験し、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日