行政

その他

建築ストック、前年から微増/国交省調べ

 国土交通省は、今年1月1日時点の建築物ストック統計を発表した。住宅の延べ床面積は前年比0.2%増の54億3180万平方メートル、非住宅は同0.7%増の18億2648万平方メートルとそれぞれ微増した。  このうち、新耐震基準が定められた1981年以降に建てられた建築物は全体の67.7%となった。  統計では、東日本大震災で被害のあった建物(2976万平方メートル)は含んでいない。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日