行政

その他

老朽マンション、建て替え促進で議論、規制改革会議、ワーキンググループ、要件緩和も視野に

 老朽化したマンションの建て替え要件緩和などを検討する規制改革会議のワーキンググループ(座長=大崎貞和・野村総合研究所主席研究員)は3月27日、法務省と国土交通省、不動産協会からヒアリングした。6月までに8回の会合を経て結論をまとめる。  初会合となる今回は、建て替えの課題や容積率制度に関するヒアリングが中心。不動産協会は、区分所有法で定める建て替え要件の緩和や、団地型マンションを一括して建て替え ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日