行政

その他

3段階で危険性示す、東側・埋立地に「高い」集中、東京都「液状化予測図」を公開

 東京都は3月27日、東京都内の液状化予測図を公開した。東日本大震災による液状化被害を受けて26年ぶりに全面改定したもので、液状化の可能性を「高い」「ある」「低い」の3段階で示した。  地震の揺れを関東大震災並みの震度6弱と想定。従来の予測図の約1.5倍に当たる約2万件の地質データや、地下水位などの分布状況を調べ解析した。  調査対象とした約1211平方キロメートルのうち、液状化の可能性が「高い」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日