その他

連載

大家検定講師・沖野 元の「知識は力なり」(44)、「適者生存」の法則、変化する顧客ニーズに対応を

 最近ある会合で、「適者生存」について聞く機会があった。「適者生存」はイギリスの哲学者ハーバード=スペンサーが提唱した生物進化に関する概念で、後にチャールズ=ダーウィンが「種の起源」の中でその言葉を用いた。その意味するところは、「生物の生存競争において、ある環境の中でもっとも適したものが生き残る」ということである。  ここでいう「もっとも適したもの」とは「もっとも環境の変化に適応したもの」と言い換 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月1日