行政, 不動産流通・売買・仲介

その他

住宅評価は「利用価値」で、麗澤大学経済学部教授、清水千弘氏に聞く、価格決定の仕組みを変える

 築30年で価値がゼロになる住宅の評価制度見直しに向け、国土交通省が住宅の価値に関する検討会を立ち上げるなど、住まいの「価値」をめぐる議論が活発化している。どうすれば価値の高い住宅が流通する市場が実現するのか。経済学者で不動産ファイナンスなどを専門とする清水千弘・麗澤大学経済学部教授に話を聞いた。  --そもそも、住宅の価値とはなんでしょう  「経済学では住宅には2つの価値があると考える。資産とし ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月8日