行政

その他

改正不特法、衆議院で審議入り

 SPCによる事業を認める不動産特定共同事業の改正案が3月29日、衆議院で審議入りした。  不特事業は、国や都道府県から認可を受けた事業者が投資家からの出資を募り、取得した実物不動産の収益を投資家に分配する不動産証券化手法の一つ。  改正案は、これまでは認められていなかったSPCによる事業を条件付きで認める。事業の倒産隔離を図ることで金融機関などのプロ投資家から資金を呼び込むのが狙いだ。  改正に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月8日