行政

その他

液状化技術指針を公表、国交省

 国土交通省は4月2日、宅地の液状化被害を判定するための技術指針を正式に公表した。震度5程度の地震が起きた際、液状化被害が発生する可能性を3段階で評価する。ボーリングデータを基に、日本建築学会などの指針を踏まえて算出する。  指針は1日付で、都道府県などに対して技術的助言として示した。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月8日