開発

その他

店舗賃料、新宿、表参道は底打ち、不動研など分析出店意欲上向く

 日本不動産研究所と商業施設コンサルのビーエーシー・アーバンプロジェクトは、アトラクターズ・ラボとビーエーシーが提供する店舗の公募賃料データをもとに分析した13年春の全国店舗賃料トレンドをまとめた。新宿や表参道といった高度商業地で出店意欲の回復に伴う賃料底打ちが見られる一方、札幌・大通りや名古屋・栄、福岡・天神などの既存商業エリアでは、大規模開発が進む駅前エリアの集客力向上によって相対的地位の低下 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月8日