開発

その他

東京のビル空室率、7.1%に低下、CBRE調べ

 シービーアールイーが13年第1四半期(3月末)に調べた全国13都市のオフィスビル空室率は大阪市と神戸市を除く12都市で低下した。立地改善やオフィス拡張を目的にした積極需要が全国で発生しているためで、優良ビルの品薄感が強まっている都市も少なくない。  東京23区の空室率は7.1%で、前期(12年12月末)から0.4ポイント低下した。新築ビルと既存ビルともに幅広く空室の消化が進み、期中の稼働床面積の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月15日