開発

その他

基準階2000坪・天井高3m、CO2半減、川崎に最大級ビル竣工、野村不とNREG東芝不「東芝ビル」

 野村不動産とグループのNREG東芝不動産が開発を進めていた「ラゾーナ川崎東芝ビル」が竣工した。  JR川崎駅西口の大型商業施設ラゾーナ川崎プラザの隣接地に、約500億円を投じて地上15階建て延べ10万4594平方メートルを建てた。基準階面積約2000坪、天井高3メートルという国内最大級のフロア面積を持つオフィスビル。全フロアを東芝が一括賃借し、今年10月から入居を始める。  もともと東芝の用地で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月15日