行政

その他

2012年度の不動産相談は9901件、不動産適正取引機構

 不動産適正取引推進機構は2012年度の不動産相談の概要をまとめた。  相談件数の合計は9901件。相談内容の内訳は賃貸関係53%、売買関係33%、その他(法令解釈など)13%だった。相談者別では、一般消費者が42%、宅建業者・業界団体27%、消費生活センター20%、その他10%となった。  賃貸に関する相談で最も多かったのは「原状回復」の30%、次いで「瑕疵・欠陥問題」14%、「契約の解除」13 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月22日