行政

その他

物価2%上昇で、住宅ローンは?、リスク「限定的」、金融庁が説明

 政府・日銀が目指す物価目標2%を達成すると住宅ローンにはどんな影響があるのか。自民党の内閣部会が16日開いた会合で、金融庁は「住宅ローンの信用コストはこれまでのところ限定的であり、元利返済額が2割程度上昇した場合であっても追加的な信用コスト率は微増にとどまる」と説明した。  2012年度の住宅ローンの代位弁済率は0.2%程度の低い水準にとどまり、住宅ローンに対する担保価値比率(LTV)は50%以 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月22日