行政

その他

住宅ローン需要、07年水準に回復、日銀主要行アンケート

 日本銀行が主要銀行向けに年4回実施しているアンケートで、4月は個人の住宅ローン需要を示す指標(DI)がリーマンショック前の水準まで回復していることがわかった。被災地での復興需要や景況感の回復、来年の消費増税に備えた動きが影響していると見られる。  4月のDIは16ポイントと、前回1月の調査から7ポイント増え、07年4月に15ポイントを記録して以来の高水準となった。DIは資金需要が「増加」したとい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月22日