その他

連載

2013年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、商業不動産市場の現状と課題、景気回復期待で活発化、グローバル化で新たなリスクも

 中国など一部新興国で景気の先行きに停滞感が囁ささやかれる一方で、先進国の米国や日本では、投資資金が市場に集まり始めている。とりわけ注目のシェールガス革命でエネルギー資源の自給体制確立への期待から、米国では新たな産業への投資も拡大しそうだ。これに併せて、海外へ散った投資マネーにも米国への回帰現象が進んでおり、NY株式市場では連日の高値を更新している。米国リート市場を通じて、米国内の商業不動産市場の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月22日