その他

連載

先端を読む(292)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、本能に訴えかける「明るい元気」、長谷工コーポレーションのテレビCM、洗練や優美さより「愚直な誠実さ」

 最近、私が気に入っているテレビCMは、長谷工コーポレーションのもの。「洗練されたCM」という類いのものではないが、ストレートだし、開放廊下のムードも含めて明るい。なにより、昭和のノリの音楽が、本能に訴えかけてきて、元気があってよろしい! と言いたくなる。  そのうち、公園で遊んでいる小学生を捕まえて、「マン・ションのこっとなら?」と投げかけると「……ハッセコウ」と答えるのではないか。そういう勢い ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年4月22日