行政

その他

消費者保護動き強まる、団体訴訟で新制度、産業界は濫用懸念

 消費者保護の強化に向けた動きが鮮明になっている。政府は新たな団体訴訟制度(日本版クラスアクション)の創設に向けた法案を今国会に提出。法務省が2年後の法案提出を目指す改正民法も消費者保護の性格が色濃いものになる可能性がある。健全な取引市場形成に向けた期待が高まる一方、産業界からは事業にマイナスの影響を与えるのではないかと懸念する声も出ている。   政府が4月に閣議決定した「消費者の財産的被害の集団 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月6日