行政

その他

国交省、検査の中立性確保、インスペクションで指針

 ホーム・インスペクションのガイドラインづくりを進めていた国土交通省の検討会(座長=深尾精一・首都大学東京都市環境科学研究科建築学域教授)は4月26日、ガイドラインの内容をほぼまとめた。中古住宅の流通量拡大とともにインスペクションの需要が高まっていることから、検査の基本的なルールを示す。月内にパブリックコメントを実施し、正式にまとめる。  ガイドラインの対象となるのは、中古住宅の取引時に補修工事の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月6日