その他

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、本と知的生活

 武士の普段の生活は質素で、けっして華美な生活をしないというのが一種の約束事なのですが、そんな武士でも唯一、いくら贅沢をしてもいいというものがあるのです。それは刀。なぜなら刀は士の魂だからです。知的生活者にとっての本はサムライの刀と同じ。まさに魂そのものです。従って本に関してはいくら贅沢してもいいし、また自慢してもいいということになります。  学生時代に読んだ渡部昇一先生の『知的生活の方法』は、私 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月6日