その他

連載

実録鑑定の現場から、不動産鑑定士海老沼事務所海老沼利幸、(57)、不測の事態に備え多角的に価格算出

 鑑定評価における「複数の価格」について考察します。不動産の鑑定を行う場合は、複数の手法を使って複数の価格を出します。  例えば、中古の分譲マンションの場合も、積算価格や収益価格、取引事例比較法の比準価格と3つの方法を使います。複数の価格を出す意味は、第1義的には、それぞれの価格が出たときに、相互で検証を図ることです。積算価格が1000万円で、比準価格が3000万円だと、何かがおかしい、どこかに計 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月6日