統計・データ, 不動産証券化

その他

大型取引増加、リートけん引、1~3月、07年水準に

 ティーマックスがまとめた13年1~3月の大型不動産取引によると、取引金額300億円以上の大型不動産取引は9582億円となり、リーマンショック前の07年ごろの水準に迫るまで回復した。件数でも1~3月は9件となり、昨年1年間の112件に迫っている。  Jリートによる取引の増加が背景にある。12年末から13年にかけて新規上場が4法人続いた。1~3月にはプロロジスリート投資法人の1730億円の新規上場に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月6日