賃貸管理

1面トップ

変化迫られる賃貸商慣習、明確な契約で紛争防止

 入居者やオーナーが負担するコストをめぐってトラブルが発生しやすい賃貸住宅。その使途や内容をあいまいなまま契約することが一因だ。たとえば敷金については国や行政ではガイドラインの周知などを通じて市場の整備を図っており、不動産会社でもトラブル防止策をさまざまな手法を試みる。全住宅の4割を占める賃貸住宅の市場整備は喫緊の課題。業界や行政の対策が求められる。 ■敷金、定額負担の導入広がる、大東建託は38 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月13日