賃貸管理, シルバー

その他

高齢者入居と孤立死対策、保険活用でリスク回避、賃料減額や回復費補償

 賃貸住宅のストック数が世帯数を上回り入居者確保が難しくなっていることや、少子高齢化が進んでいることから高齢者の入居を受け入れる動きが広まっている。保証人や孤立死など懸念材料が多いが、今後の賃貸経営には避けて通れない道だ。 ■保険料は少額から  賃貸住宅ストック数は2008年に5758万戸になり、世帯数(5195万、10年時点)を大きく上回っている。日本賃貸住宅管理協会が6カ月ごとに発表する賃 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月13日