ハウス・住設

その他

3年後売上17%増へ、パナホームが中期計画、ストック、海外で成長、リフォームは1千億円事業に

 パナホームは2013年度から15年度までの中期経営計画を発表した。主力の建設請け負いに加えストック事業や海外事業を大きく伸ばすことで、15年度に売上高3400億円(12年度比17%増)を計画する。リフォームはこのほど分社化し、18年度に売上高1000億円を目指す。  中期計画は人口減少や世帯数減少など市場は縮小するとしながら、スマートハウスや高齢者向け住宅事業など成長分野は多いとして成長戦略を掲 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月13日