団体

その他

日米不動産協力機構が発足、NARと連携、国際交流、産学で不動産政策研究も、早期の200会員目指す

 国際的な不動産政策のシンクタンク「日米不動産協力機構」(JARECO、代表理事=中川雅之・日本大学教授)が発足した。米国の不動産業者でつくる全米リアルター協会(NAR)との国際交流、調査研究、教育研修などの活動を行う。6月から会員募集を始め、不動産などの実務者、学識者を中心に早期の会員200人達成を目指す。  2月に法人登記、3月にNARと相互協力することで合意した。米国110万人の会員を擁する ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月13日