その他

連載

大家検定講師 沖野元の「知識は力なり」(48)科学では割り切れない不思議体験、明治神宮でタヌキが道案内

 科学者が何でも科学で実証しようとするのは本能であろうか。それはそれで世の中の進歩に役立っているので良いのだが、世の中にはそれでは割り切れないことがあることもおそらく事実であろう。もとよりそのことを自身で体験すればなおさらである。  私もときどきそういう不思議な体験をする。昨年のことである。私は思うところがあって明治神宮に参拝に行った。明治神宮は都心にあって森のように広く、緑を湛えている。ただ参道 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月13日