ハウス・住設

その他

前期受注6%増、今期7%増を計画、住友林業

 住友林業の前期戸建受注高は前期比6.5%増の3142億4000万円だった。三大都市圏のシェア拡大を図り、家庭用燃料電池や太陽光発電システムなど環境配慮機器搭載率向上などで受注単価が上昇した。  今期は消費増税駆け込み需要を想定して、収益性の高い地域に積極的に人員を配置する。今期受注高は7.4%増の3375億円を計画する。4月の受注は金額で26%増、棟数23%増と大幅に増加した。  アパートも拡大 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月13日