行政, 不動産流通・売買・仲介

その他

中古住宅、「利用価値」で建物評価、国の研究会報告書骨子担保評価で活用促す

 国土交通省は17日、2回目となる「中古住宅の流通促進・活用に関する研究会」(座長=中城康彦・明海大学不動産学部教授)を開き、法定耐用年数に基づく建物評価を抜本的に改善することが中古住宅の拡大につながるなどとする報告書の骨子案を公表した。正式な報告書は6月下旬にまとめる。  骨子案では、建物の個別性能に関わらず法定耐用年数で建物価格を一律に減じる慣習が中古流通の阻害要因になっていると指摘。再調達原 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月20日