ハウス・住設

その他

新商品で戸建て強化、大和ハウス地域ごとに商品開発、マンションは首都圏で攻勢

 大和ハウス工業は15日、12年度決算説明会を開き樋口武男会長と大野直竹社長が今期の各事業(単体)戦略を発表した。重点課題の戸建住宅は今年に入り新商品を相次ぎ発売したことに加え、地域ごとに売りやすい商品を開発・投入する。各事業で受注高と売上高を増やす。  大和ハウス工業の前期業績は増収増益で、増加分(売上高1591億円増、営業利益130億円増)のほとんどは単体業績(売上高1221億円増、営業利益1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月20日