分譲, 不動産流通・売買・仲介

その他

住宅ローン、金利急上昇のリスク限定的、長期金利2%は12年先、多摩大大学院客員教授、紀平正幸氏に聞く

 住宅購入で消費者の視線が長期金利に釘付けだ。日銀の金融緩和は低金利を維持したままマーケットに潤沢な資金を供給するのが狙いだったが、思惑とは違い上昇の様相を見せているからだ。日銀が国債の7割を消化する異例の対応や国債から株への資金移動が進んだ結果だ。足下で金利上昇を実感したことで消費者の住宅ローン選びも変わってきた。多摩大学大学院客員教授で住宅ローンに詳しい紀平正幸氏に今後のローン動向などを聞いた ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月20日