その他

その他

家庭用燃料電池を開発/新日本エコなど/2年後にも実用販売へ

 省エネ支援サービスの新日本エコサービス(千葉市)は精密機器製造のキュー・エム・ソフト(福岡県)と共同で、発電効率の高い小型家庭用燃料電池を開発した。当面、試験販売することにしており、2年後にも実用販売を開始する予定。\n 共同開発した燃料電池「EX―21」は高さと幅が60㎝、奥行き30㎝で、ベランダなどに設置できる小型サイズ。独自構造採用で発電効率は45%と、30%台が多いとされる従来製品よりも ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月27日