その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(69)、おばあさんのアパート売却体験談、”意思能力”の確認に四苦八苦、司法書士と医者の力が頼り

 「このアパート、売ってもいいですか?」  司法書士の先生が問いかけた。アパートの売主は95歳のおばあさん。半年の売却期間を経て、ようやく購入希望者が現れた。半年前はきちんと受け応えできていたのに、その間に居所は病院に移り、今は意思能力があるのかどうか、怪しい感じだ。  今日は、不動産売買契約・決済を行うだけの意思能力があるのかを、司法書士の先生に確認してもらっている。  その、おばあさんから返っ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月20日