不動産流通・売買・仲介

その他

東急リバブル定点観測、地価・マンションとも価格回復、3月までの半期、上昇幅拡大

 東急リバブルは5月14日、東急沿線の住宅地と中古マンションの価格動向(2012年10月~13年3月)をまとめた。同沿線の定点観測を半期ごとに公表しているもので、住宅地(33地点)の価格変動率は前期比(12年4月~12年9月)0.6%プラス、前期比では1.1%プラスだった。マンション(34地点)も前期比0.4%、前年比0.6%と共にプラスとなった。  同社では、地価.マンションともに今期に上昇幅が ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月20日