分譲

その他

日本エスコンがライツ・オファリング、希薄化避け資本増強、35億円調達し開発に充当

 日本エスコンは、自社株を除く全株主を対象とし、上場型新株予約権の無償割当て(ライツ・オファリング)を実施する。権利がすべて行使された場合の調達資金は約35億円で、マンション分譲や商業開発の資金に充当する。  普通株式1株につき新株予約権1個を割り当てる。権利を行使すれば普通株式1株を交付する。権利行使しなかった新株予約権は失効するノン・コミットメント型。行使価額は1株当たり100円で、権利行使期 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月20日