開発

その他

東京のビル空室率下げ渋る、三幸調べ

 三幸エステートが4月末時点で集計した東京都心5区の大規模ビル(基準階面積200坪以上)空室率は6.28%。前月末比0.04ポイント減と、2カ月ぶりに低下したものの、下げ幅は小幅にとどまった。  新築ビルの空室は20%を切って解消に向かう一方、新築ビルにテナントが移転した後の既存ビルの2次空室が決まりにくく、新築の空室減少を2次空室の顕在化が相殺した。空室在庫を示す募集面積は過去3年間60万坪超で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月20日