統計・データ

その他

業況感が大幅改善、先高感で集客好調、土地総研調べ見通しも回復

 不動産業の業況感が足元で急回復し、3カ月後の先行きも明るい見通しとなっていることが、土地総合研究所が四半期ごとに実施する調査でわかった。住宅分譲業、不動産流通業で経営環境が大幅に改善しており、景況感の回復や金利の先高感を背景に住宅購入ニーズが高まっていることが背景にある。  全国146社の回答を得た。現在の業況が「よい」から「悪い」を引いて算出した指数は、「住宅・宅地分譲業」が22.4ポイント、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月27日