賃貸管理

その他

住友林業レジデンシャル、渡部日出雄社長に聞く、管理戸数増へM&A積極化、中小管理会社の承継相談も

 住友林業レジデンシャルは、中小管理会社のM&Aを活発化する。3年後をめどに管理戸数を現在の2万8000戸から5万戸に増やす計画で、住友林業の施工物件に加えて企業買収や事業譲渡によって管理戸数を確保する。後継者問題に悩む不動産業者の「相談窓口」として専任担当者を置くなど、管理会社の経営コンサルティングを通じたM&A戦略を描く渡部日出雄社長に聞いた。 3年めどに管理5万戸/契約見直し含め対応  ―― ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月27日