行政

その他

建築基準制度、適判制度のあり方議論、社資審の部会

 建築基準制度のあり方を検討する国土交通省の社会資本整備審議会の部会(部会長=久保哲夫・東京大学名誉教授)は20日、6回目の会合を開き、構造計算の適合性判定制度や建築確認制度の手続きなどについて今後の検討の方向性を話し合った。  適判制度では、申請者側の負担軽減をするとともに、効率的かつ適正な審査を可能とする仕組みなどが必要だとした。  部会では11月までに3回の会合を開き、年内をめどに建築基準制 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月27日