その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(944)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、芝公園のビルが5億円超で競落インフレ期待で権利調整に挑戦、現金買い前提の不動産公売

 不動産競売市場が活況であるが、もう一つの強制売却市場である、不動産公売はどうなっているだろうか。  不動産公売は税金の滞納金を回収するために行われるものでる。そして競売と相違して、物件の内容の開示が少ないことや、引渡命令制度がないなど、買受人にとって競売より不利な点が多い。したがって、競売よりも入札参加者が少ないのが実情である。  5月7日は東京国税局の公売日であった。公売は期日入札と言って、入 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月27日