分譲

特集

【明日のマンション開発を考える特集】首都圏マンション市場の行方、高額物件に動き、一次向けも堅調、景気回復期待が需要後押し

 首都圏のマンション市場が回復に向かっている。底堅い1次取得者の住宅需要を最低水準に張り付く低金利が後押ししていることに加え、安倍政権誕生後の株高効果によって、リーマンショック後は動きの鈍かった都心高額マンションの売れ行きも好転し始めた。1次取得者マーケットにとっては景気回復期待に伴う金利の先高感も追い風。「低金利の今のうちが買い時」との思惑はかつてないほど高まりを見せる。ただ、供給サイドには用地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月27日