開発

特集

【ワンルームマンション特集】6年ぶりに供給量増加、ワンルーム市場の現状と今後、東京カンテイ市場調査部上席主任研究員 中山登志朗

●景況感、確実に改善  2013年、安倍新政権が本格始動し、異次元の金融緩和と大胆な財政出動を骨子とする景気浮揚策“アベノミクス”の段階的な着手によって、円安・株高傾向が強まり、ストック価格が上昇したことによって、日本経済は回復の兆しが表れ始めている。  ストックを扱う不動産市場においても価格の上昇や市場流通件数の拡大などが発生しているのではないかとの期待や観測が高まっているが、不動産はもともと流 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月27日