不動産証券化

その他

私募ファンド「長期運用」に変化、ARES会員調査都心集中は継続

 不動産証券化協会が会員を対象に実施した「私募ファンド実態調査」によると、12年12月末時点の不動産私募ファンドの運用予定期間は、「5年以上~7年未満」「7年以上」の割合が減少して、06年から続いていた長期化傾向に変化の兆しが見られた。  最も多いのは「3年以上5年未満」で、前年調査の21%から11ポイント上昇して全体の32%を占めた。  運用形態で見ると、組成前に取得物件が確定している「物件特定 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月27日