分譲

その他

セントラル総合開発、仙台、札幌など地方が好調、在庫入れ替えで収益も回復

 セントラル総合開発のマンション分譲事業が好調だ。金融危機以降に仕入れた高収益物件の引き渡しが進み、13年3月期は前年実績の1.5倍に相当する4.5億円の経常利益を確保した。  販売面も好調なことから、首都圏のほか、得意とする札幌や仙台、広島、松山、鹿児島などの地方を含めて、仕入れを強化する方針だ。  金融危機以降の課題であった完成在庫を一掃して、資産・負債の圧縮が一段落した。2年ほど前に首都圏を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2013年5月27日