その他

連載

Why not?(167)/保証人の変更/保証人制度を理解の上で/双方納得すれば法的効力

 建物賃貸借契約において、賃借人の賃料支払債務等の債務を保証する人的担保として一般的なのは、賃借人に連帯保証人を立てさせることです。賃貸人は、賃借人の指名する連帯保証人の資力等を調査した上で、その連帯保証人との間で連帯保証契約を締結します。\n ところで、連帯保証人の病気、あるいは、連帯保証人が賃借人の会社の上司であったような場合で、賃借人がその会社を退社してしまったような場合、賃借人および連帯保 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月27日