ハウス・住設

その他

ユニバーサルホーム下期計画/資材商流変更で売上増狙う/住生活事業でアライアンス

 ユニバーサルホームは、平成15年度下期事業として、一部資材の販売径路を直販方式に変更することで売上高および利益の向上を図るほか、次世代基準対応商品の開発を進める。また、住生活に関する事業分野でアライアンスを推進する考えで、今期中に実現させていく方針。\n 現行の資材商流は、同社が資材を選定し、スペック、価格をメーカー側と取り決めた上で、加盟店とメーカーが直接取引き。取引額に応じて販売協力手数料を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月27日