開発, 分譲

連載

ワンポイント時評(970)/中古マンションの価格動向/新築グロス価格の影響受ける/04年は再び下落基調か

 ユーザーも業界も強い関心を持っているもののひとつに、首都圏中古マンションの価格動向がある。価格下落が底打ちしないために買い替え需要の顕在化が軌道に乗らず、これが新築マンションや建売住宅の売れ行きに少なからず影響していることは関係者なら周知の事実である。\n 最近、中古マンション価格動向について三井不動産販売・東京カンテイ・ミサワエムアールディー(MRD)・東日本不動産流通機構の4社から、それぞれ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年11月27日