ハウス・住設

その他

廃材を回収して原材料に利用/広域再生利用指定制度を活用/旭化成建材・INAX

 環境に対する関心が年を追うごとに高まる中、建材メーカーが広域再生利用産業廃棄物処理者指定制度を活用して廃材をリサイクルする事例が増えている。廃材を資源として再利用できる上に、建築業者にとっては総合的な廃棄物処理費用を安く抑えることができるなど利点は多い。旭化成建材は平成9年の制度認定取得以来、年間600トンを超える軽量気泡コンクリート製品の廃材を回収、再利用している。また、INAXもこのほどタイ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年12月4日