行政

その他

住宅公社の支援事業で初のGH/埼玉県幸手市内に開設

 埼玉県住宅供給公社のグループホーム建設支援事業による施設の第1号「あすなろホーム幸手」が11月14日、幸手市内にオープンした。次いで12月は北本市内、来年5月には庄和町内にもオープンの予定。\n 土地所有者から要請を受け、住宅建設のノウハウを生かして設計・資金相談や工事発注・監理を支援するもの。建設には民間資金を活用、提携金融機関から同公社が連帯債務を負うことで、低利で融資が受けられる。同事業で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年12月4日