その他

その他

【私の主張】固定資産評価基準のあり方/元東京都固定資産評価委員・東京地裁民事調停委員・不動産鑑定士 村松 喜平/どうなる地価公示の7割/最高裁の判決は適法か―/千代田区の土地評価額/7割以上の取消しを棄却

 固定資産評価基準は7割か10割か―。今年6月26日、最高裁第一小法廷で「固定資産課税審査却下決定取消請求事件」の判決が下された。従来、固定資産評価基準に係わる7割評価通達を適用してされた土地の価格の決定のうち賦課期日における客観的な交換価値を超える部分が違法とされた。\n この判決に対し、元東京都固定資産評価委員・東京地裁民事調停委員で不動産鑑定士の村松喜平氏(山京ビル相談役)は、最高裁の判決に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年12月4日